カーテンどこがいい?インテリア店員おすすめの通販サイト9社Check

【後悔しないリネンカーテンの選び方】6つのデメリットと対処法を解説

リネンは長く使い続けるほどに風合いが増し、ますますなじんでいくところが大きな魅力です。

そんな自然素材のリネンですが、デメリットが気になるという方も多いのではないでしょうか。

結論、リネン生地は選び方・扱い方でデメリットを減らすことができます。

ぽちころ

本記事ではリネンカーテンのデメリットについての対処法を解説します。天然素材のリネンは実用的でとてもおすすめなので参考にしてみてくださいね。

Contents

リネンカーテンのデメリット

ブラウンのリネンカーテン
引用:WARDROBEsangetsu

リネンカーテンには気をつけるポイントがいくつかあります。

リネンは縮んだり伸びたりするもの

リネンカーテンは伸び縮みする

リネンは繊維に内包する水分を調整するため、繊維が伸びたり縮んだりします。

そのため季節によっては若干丈が変わることがあり隙間ができる場合があります。

また洗濯をするとリネン素材に限らず天然素材の生地は多少なりとも縮みます。

こうした特性を知らずにサイズを選んで洗濯してしまうと丈が合わなくなったと後悔してしまいます。

対処法

ブレイクスタイルのリネンカーテン
引用:WARDROBEsangetsu
伸び縮みの対処法
  • 縮むことを考慮したカーテンサイズを選ぶ
  • デリケート衣料用洗剤を使い、脱水は短時間ですぐにレールに吊るしシワを伸ばして干す
  • 洗濯不可の場合はドライクリーニングに出す

リネンは洗うとどうしても縮みます。たいていは1回目の洗濯で縮みますが、2回目くらいまで縮むこともあります。縮み具合は織りの状態によってもさまざまですが、3〜5%縮むことを考えていた方がよさそうです。特に横よりも縦の縮みが大きくなります。リネンカーテンを購入する際は縮むことを想定し、余裕を持たせて購入しましょう。

洗濯の仕方によってもその具合はかなり変わってきます。まず洗濯絵表示を確認してください。

洗濯の際のシワが気になる方は脱水を30秒ほどの短時間で済ませ、できるだけ早めにカーテンレールに吊るして伸ばして乾かすといいでしょう。またデリケートな素材に対応した洗剤を使用しましょう。

リネンカーテンの中にも家庭での洗濯が不可となっているものもあります。その場合は自宅で無理にケアしようとせずドライクリーニングを利用しましょう。

透けるのが気になる

よく聞かれるのがリネンカーテンの透け感に対する心配です。

透け感のあるリネンカーテン
引用:WARDROBEsangetsu

リネンカーテンは遮光機能などがないため、ある程度の透け感があります。

しかしリネン素材もさまざまな種類があるので厚地のもの・薄地のものでそれぞれの透け感の違いがあります。

そのため外から室内が丸見えになってしまうのではないかと心配されるかもしれません。

しかし実際には部屋の中まで透けて見えるほどではありません。夜に電気をつけると部屋の中の人影がぼんやりと映る程度です。

ただ遮光カーテンのようにまったく透けないカーテンをお探しの方には不向きといえるでしょう。

対処法

リネンカーテンのサンプル生地
サンプル生地での確認は重要です

まずは実際の生地がどんなものかを確認してから購入するようにしましょう。

いくつかリネン生地の無料サンプルを取り寄せて比べてみました。

  • 生地の透け具合
  • 触った感触
  • シワ感
リネンカーテンの透け具合

後ろに写真を置いています。こちらのカーテンはよく透けています。

透けにくいリネンカーテン

こちらはほとんど透けていません。

陽に当てるとこんな感じです。

透けているリネンカーテン

写真とはイメージが違いました。

生地サンプルはハガキより少し大きい程度ですが、見て触って確認するのがオススメです。

透けないカーテンをお探しであれば、濃い色厚地のリネンカーテンを選ぶ方法もあります。遮像レースカーテンと薄いリネンカーテン使いも部屋が明るくなりつつ透けないのでおすすめ。またヒダのないフラットタイプよりもヒダを多くした仕様を選ぶと透け感が緩和されます。

どうしても避けられないしわ

リネンカーテンのしわ

リネンは他の植物繊維と比べて繊維の中に結晶上の部分が多いため、結晶が一旦壊れたときには変形して元に戻りにくくなります。これこそリネンがシワになりやすい原因です。

対処法

いったんシワがついてしまったら十分濡らしてからアイロンをかけるとパリッと仕上がります。

しわはリネンの持ち味なので特性を十分理解して選ぶと良いですね。

部屋が寒く感じる

リネンカーテンは天然素材の中では保温性がありますが、機能性カーテンに比べると断熱性は高くありません。

対処法

あまりにも寒いのが気になる場合は、リネンカーテンと断熱性の高いレースカーテンを併用する、冬は遮熱カーテンに付け替えるなど対策が必要です。

遮光性がない

遮光性がないリネンカーテン

リネンカーテンは太陽の日差しの眩しさを軽減する程度の遮光性はありますが、完全に外の光を遮るといった機能はありません。

夜に外の明かりが入らないような状態にしたい場合にも適しません。

対処法

遮光したい場合はレースカーテンやドレープカーテンと併用します。外の光を全く入れたくない場合には遮光機能が高い化学繊維のカーテンを選んだほうが良いでしょう。

毛羽が出る

リネンカーテンは毛羽が出る

植物の茎から採れた繊維でできているリネン。

上等な長い繊維を使ったものであれば基本的に細かい毛羽が出ることはあまりありません。

太めの糸を使用したざっくりとしたリネンや、長い繊維を取った後の2番目3番目の糸を使った生地の場合は毛羽がより出やすいので注意。

対処法

リネンカーテンは何度か単独で洗う

気になる方は何度か単独で洗ってから使い始めると良いでしょう。

リネンをたくさんの洗濯物と一緒に洗濯機に詰め込むと繊維が折れたり擦れたりして毛羽が出やすくなります。別にして少ない量でたっぷりの水を使って洗いましょう。

リネンカーテンの特徴

リネンカーテンの特徴

日本麻紡績協会ではリネンの特徴についてこう書かれてあります。

リネン素材は、肌にやさしくサラッとして爽やかな涼感があるのが大きな特性です。

それはコットンやシルクに比べ吸水発散性に優れているため、水分を素早く吸い取りかつ発散させるからです。

リネンは天然素材の中で最も汚れが落ちやすく洗濯にも強い素材です。

繰り返し洗うごとに柔らかさはいっそう増し、白いものはさらに白くなります。

世界の一流ホテルがベッド回りやテーブル回り、バス回りにリネンを使用する理由がここにあります。

リネンの繊維にはペクチンが含まれているため触れてもチクチクせず、常にソフトなのでお肌にあててみたくなります。

さらに防カビ性に優れ雑菌の繁殖を抑制するため匂いも抑えます。

また繊維の中に空気が含まれていて天然のサーモスタットの役目を果たしてくれるので寒い季節には暖かく包み込んでくれます。

つまりリネンはオールシーズンに適した繊維なのです。

引用:日本麻紡績協会より

リネンは夏だけの素材にしておくのはもったいない、年中使える素材といえます。

リネンと麻の違い

リネン=麻だと思われがちですが必ずしもそうではありません。

麻というのは植物繊維の総称です。

例えばジュート(黄麻)ヘンプ(大麻)などがありリネン(亜麻)もその一つ。植物の種類によって特性が違うためそれぞれ用途も異なります。

ヘンプはカーペット、ジュートは麻袋やロープなどに使われていました。

リネンは中世のヨーロッパでは肌触りの良さと高級な質感から、下着などのランジェリー衣類やタオル・カーテンなどに重宝されていました。

リネンカーテンの素材

リネンカーテンは天然繊維であるリネン(亜麻)を使用した生地をカーテンに仕立てたものです。

リネンの原料であるフラックスと呼ばれるアマ科の植物は厳しい環境下で育ち、特にしなやかで肌触りがよくその上耐久性も高く洗濯に強いという特徴があります。

また天然繊維であるリネンは植物性のセルロース繊維です。

そのため花粉・ほこり・汚れがつきにくく、ついても落としやすいのが魅力です。

リネンカーテンがおすすめな人3タイプ

リネンカーテンはこんな人におすすめ

リネンカーテンをおすすめするのはこのような人です。

気に入ったものを長く愛用したい

リネンは丈夫で洗濯に強い特性から、洗えば洗うほど手触りが優しくなり洗い込むことでくたっとした柔らかさが増していきます。

気に入ったものを手にしたら長く愛用していきたいとお考えの方にリネンカーテンは理想的な素材といえるでしょう。むしろ使い込んだオールドリネンを好む方もいらっしゃるくらいです。

リネンの糸は1本の糸の中でも太い部分と細い部分があり、自然な凹凸やネップ(糸のかたまり)のある独特の素材の表情があります。それによって隙間も生まれ、その隙間から差し込む光や素材感が見ていて癒されます。

清潔で衛生的であることを重視したい

ネップのあるリネンカーテン
引用:unico

リネンは静電気が起こりにくいため、汚れやホコリがつきにくく取れやすいという特徴があります。

またリネンはペクチンと呼ばれる成分を含んでおり汚れの染み込みや繊維のケバの付着を抑制する効果があるとされています。

カビを発生させてしまった時でも、多くの場合洗濯や漂白でケアすることができます。そのためリネンカーテンはインテリアを常に清潔にしたい方におすすめのアイテム。洗濯不可のものもあるので、洗濯表示を確認した上で適切な手入れを行いましょう。

健康と環境にサスティナブルな生活を楽しみたい

リネン生地を巻いたもの
引用:WARDROBEsangetsu

リネンは吸水性や速乾性に優れ肌触りも良いため夏の衣類のイメージがありますが、繊維の中に空気をたっぷり含んでいるため保温性に優れ冬も使える年中無休の素材です。

またカーテンとして使用しなくなった時は、キッチンクロスや掃除クロスなどに形を変え使用できます。処分するときも天然素材は環境に負荷を与えないなどのサスティナブルな生活に役立ちます。

リネンカーテンのデメリット:まとめ

リネンカーテンのデメリット

リネンカーテンのデメリットは生地の選び方や対処法で減らすことができます。

見た目が美しくて肌触りが良いだけでなく、とても丈夫で実用的なリネン。

ぽちころ

毎日使うことで自分ものとして育てるような喜びを味わえるのもリネンの魅力です。リネンカーテン購入で迷われている方はぜひ参考に検討してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
Contents